The Pied Piper:A Hand book

June 26, 2019

ヴォルフガング・ミーダーは自著「笛吹き男ハンドブック」The Pied Piper:A Hand Bookにおいて、ハーメルンを含む地方の人々がトランシルバニアの一部への移民を支援した事を示す歴史的文章が存在すると述べている。

トランシルバニアはモンゴルによる中央ヨーロッパ侵略を受けており、その時期は笛吹き男伝説が歴史に現れる時期と前後している。

 

ハーメルン市の公式ウェブサイトに掲載されている笛吹き男伝説のバージョンでは、移民説の別の側面が提示されている。

 

◆様々な解釈の中で、低地ドイツ地方から出発した東ヨーロッパの移民説がもっとも説得力のある解釈である。

「ハーメルンの子供たち」とは、モラヴィア、東プロイセン、ポメルン、チュートン地方への移民を募集する地主達より、移民の意思を抱いていた当時のハーメルン市民の事だったのであろう。

過去の時代には現代でもしばしば行われているように町の住民すべてが「○○の子供たち」あるいは「○○っ子」と呼ばれていたのだと推測される。やがて「子供たちの集団失踪の伝説」は「ネズミ駆除の伝説」に統合された。

この伝説はまず例外なく、中世の製粉所のある町の最大の脅威であった「ネズミの集団発生」と、時には成功を収め時には失敗する職業的ネズミ駆除人について述べている。

Ratten fangewsta dt Homeln  September 3,2008 参照

 

☆上分の解釈では「子供たち」とは単に移民の道を選んだハーメルンの住民のことであり、特に若年層の事を指していた訳ではないのだろうと述べられている。

 

次回は

言語学者コルゲン・ウドルフの研究を出典として、歴史学者のウルズラ・ザウターは移民の根拠となる仮説を述べている。ことを更新します。

Please reload

特集記事

「伝える人」になる。

October 5, 2016

1/3
Please reload

最新記事