伝説の起源に関する仮説

June 19, 2019

 Anno 1284 am dage Johannis et Pauli war der 26,junii Dorch einen piper mit allerei farve bekledet

gewesen CXXX kinder verlrdet binnen Hamelen gebo[er]n to calvarie bi den koppen verloren

 

1284年、聖ヨハネとパウロの記念日6月の26日、色とりどりの衣装で着飾った「笛吹き男」に130人のハーメルン生まれの子供らが誘い出され、コッペンの近くの処刑の場でいなくなった。

 

「我らの子供たちが連れ去られてから10年が過ぎた」

 

「笛吹き男の物語」に隠された歴史的な出来事については、何世紀もわたる調査にも関わらず明確な説明は与えられていない。

如何なる調査結果においても、1559年頃に初めて物語にネズミの集団発生が追加されており、それ以前の記録ではネズミは登場しない。

 

「ハーメルンの笛吹き男」に潜む謎と意味を紐解いていく為に、幾つかの説をみてみましょう。

 

次回は「ウイリィアム・マンチェスターの説」

 

Please reload

特集記事

「伝える人」になる。

October 5, 2016

1/3
Please reload

最新記事

October 18, 2019