自分のキャリア形成に必要なこと。

January 13, 2017

「良き選択で自分のキャリア形成を行う」

 

キャリアとは?「積み重ねた実地の経験」のです。簡単に言えば、「何をしてきたか?」そして「何ができるか?」それで「どう貢献できるのか?」と言う感じです。

自分が今まで何をしてきたのかが分からなければ、どんな素晴らしい経験であっても無意味なのです。

自分が何を行って来たのか?就職の採用面接の時に、これを語ることができなければ採用される事は難しいです。特に外資系の企業になると、これが重要視されます。

確かに、「資格」も重要視されます。が、その「資格」も持っているだけでは意味がありません。

「資格」+「経験」=キャリア なのです。

学生の方では、なかなか「資格」+「経験」=キャリアと創ることは難しいです。だからこそ学生に求められるのは、「学生経験」+「資格」=理想 なのです。

この「学生経験」も、単なる「高校生」「大学生」での「経験」ではいけないのです。

では、「資格」の持っていない者は「経験」だけと言うことになるのでしょうか?そうではありません。

「理想」+「経験」=キャリア なのです。多くの人がこれなのではないでしょうか?

特に専門職で「資格」のないものは、全てこれなのです。

自分のキャリアがいつの間にか創られていた。なんて事になると、残念な事に陥ってしまうことになります。

キャリアは勝手に創られるものではなく、キャリアは自分で創っていくものなのです。

もっと簡単に言えば、自分の経験は、自分で積み重ねていくものです。だからこそ「自分を知る」必要があるのです。

ここで間違っていけません。「自分を知る」と言う事は、簡単に生きてきた過程や経過を知っていると言う事ではありません。

よく勘違いされている方がいますが、「自分を知る」と言うことは、「自分の形成」を理解すると言うことなのです。その「自分の形成」こそ、「自分のキャリア」なのです。

「自分のキャリア」を創る為には、「良き選択」をしなければいけません。ひとつの「選択」で大きく未来が変わってしまうのです。

だからこそ、「自分を知る」と言う事は、早く始めなければなりません。いつ始めても遅くはありませんが、早ければ早いほうがよいのです。

 

「自分を学ぶ リボンの会」に参加して、自分を理解しましょう。

自分の理想を実現していきましょう。

 

Please reload

特集記事

「伝える人」になる。

October 5, 2016

1/3
Please reload

最新記事

October 18, 2019