未来のある組織とは?

August 1, 2016

 

人は何モノにも成れるのです。実は分かっているようで理解されていないのです。

何モノかに成る為には、良質な刺激が必要なのです。私たちは日々、多くの刺激を受けて生活を送っています。良質な刺激はポジティブ思考にしますが、悪質な刺激はネガティブ思考にします。この差は始めは大きくはないのですが、積み重ねていくと大きな差と成っていくのです。

「良質な刺激」を与えて、良質の良い人を創る事が良い組織を創る事に繋がっているのです。

組織の功績は組織が創るのではなく、組織に所属する人が創るのです。

組織の功績とは?儲けられる儲けられないに分けると理解しやすいです。詳細は以後機会のある時に徐々に話していきたいと思います。

儲けるも、儲けないも、組織の人が創るのです。どちらが良いのか?儲けられる人が組織にとって望まれる人です。組織は属する人を育成しなければならないのです。

(組織の中では利益を上げることに実際に関わらない人もいますが、利益を上げる人の補助的な事に関わっているのは確かです)

「良質な刺激」を相手のある部分に与える事が大切なのです。与える側は意識的に与えられる側は無意識のうちと言うのが良いと考えます。

ここで組織が本当に求め行かなければならないのは、「組織の中で良い人材を育成できる人材の育成」なのです。現状にある組織の人材育成は、相手に合った育成法ではなく、昔から行なわれてきている団体教育なのです。

時代が変わっていくと言う事は、人が変わっていくと言う事なのです。だからこそ、人の育成方法も変わっていく人によって変える必要があるのです。

団体教育では、疎らな意識の持ち方で成長していってしまうのです。

組織は優秀な人材を求めて求人を出されているのですが、優秀な人材など初めからいないのです。どれだけ、経験や知識を持っていても、組織にとっては新人なのです。だから、育成が必要なのです。自社の社員が本当に正社員であるか?単なる雇われではないですか?そんな目で、組織の人事を観た事がありますか?

 

「自身も組織の本当の正社員であるのか!」 先ずそこから見つめ直す必要があるのです。

昔からの育成方法では、もう本当の組織の人材を育成する事はできないのです。

それと「人材を育成できる人材」が組織にいることは、きっと未来のある組織であると理解したいです。

 

Please reload

特集記事

「伝える人」になる。

October 5, 2016

1/3
Please reload

最新記事

October 18, 2019