魅せられる人材が活きる組織

July 3, 2016

 

人材を育成する為に、いきなり専門的な「知識」や「フロー」「啓発理論」などから始める事がある。それは個々人の現状のレベルによるのです。

しかし、BrainLaboでは、レベルの高い低い関係なく「忠恕」のレベルは誕生した環境と両親の「忠恕」のレベルに関係してくると考えています。人生には「7つの舞台」があります。その各舞台でどう育成するかを理解してなければいけません。しかし、人様々です。思う通りに行く事なんて、そうそうありません。だからこそ、組織での育成は大きな役割になっているのです。企業はそれに気づかなければなりません。「自社の正社員は、本当に自社の正社員であるのか」

その事を意識しなければいけません。

その人の代わりはいないのです、代わりに仕事をしてくれる人はいるかもしれません。でも、その人は2人としていないのです。だからこそ「自社の正社員」として育成しなければならないのです。

人材育成で大切なのは、如何にして、個々人の心の中に「忠恕」を生じさせていき、育てていく、向上させていくかなのです。その為には、個々人の気づかないうちに、心のある部分に刺激を与え続けていかなければいけないのです。

 

Please reload

特集記事

「伝える人」になる。

October 5, 2016

1/3
Please reload

最新記事

October 18, 2019