変わらないモノ。

芝居が成り立つには、自分の身体の形や動き、または声などでモノマネをして見せる俳優と、そういうモノマネが一定の目的のために、一定の時間、空間の枠の中で、次々と起きていくための一定の段取りと、それを観て楽しむ観客と、この魅せる人たち、観て楽しむ人たちとが一定の時間を向かい合っていられる場所とが必要である。



四つの要素、台本、俳優、劇場、観客が揃わなければ、昔も今も、芝居のどんな単純な楽しみも、どんな複雑な楽しみも、生まれることはないのだ。



しかし、芝居も時代に合わせて進化し続けなければいけない。が、基本的なところは全く変わることはないのだ。




18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

共感

制作運営・

BrainLabo &  劇団無垢