言葉に引っ張られて動かされる身体!


リモート稽古は、簡単で時間の節約ができて、感染症の心配も軽減できる。けれど、音読感覚に陥ってしまうのは現実です。

音読になってしまうと、脳が固まってしまい、眠気を装うのてす。なので、真面目に読もうとしてはいけません

不真面目に、崩して、派手に読むことで、脳を活性化させ、心に善い刺激を与え、気づきをもたらせるのです。

そこから始めないと、本読みの稽古は楽しくならないのです。

そうあることで言葉が引き出して来る身体の動きが立ち稽古に繋げてくれるのです。

22回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

共感

制作運営・

BrainLabo &  劇団無垢