自分が商品である。

演技力に対する処分権とは、

役者の演技力を誰に売るか、という選択権です。

これは常に役者の手元にあるのです。

が、

誰かに売った途端に

役者は「演技の処分能力」

つまり演じ方の自由を100%失ってしまうのです。

簡単に言うと好き勝手に演じると降板となるのです。

自分の演技を柔軟に出せることが求められるのですが、

上手く自分の演技を操れない役者が多くいるのです。

相手に伝える演技は柔軟でなくてはいけないのです

しかし、

上手く演じようと行動するほど

演技の柔軟性はなくなり

伝わらない演技になってしまうのです。

自分の手元にある演技力は

それは自分の商品と同じであり

それを誰に売るのか?誰に売れるのか?

ということは

役者自身が理解しておかなければいけないのです。

演じれるか?演じれないか?

ではないのです。

あなたの表現は、

あなたの演技力だけが強みなのです。

その商品は多くの人に売ることができるのです。

その事に気づきましょう。


最新記事

すべて表示

共感