本読みの稽古に時間をとる。

稽古は本読みから始まるんですが、直ぐに台本を持って立ち稽古をしたがるのです。動かないと分からない等を言い訳にしてしまい。その落とし穴に気づいていないんですよね。

本読みでやらなければいけないことがあるのに、それをやらないで立ち稽古に入っていくのはとても危険なことです。なぜ?危険なの?と思われるのですが、本読みで台本と自分とを理解しておかないと、立ち稽古になって台本内迷子、自分の役を見失うことになるからです。

それは必ず起きてきます。なので、稽古で一番大切なのは本読みの稽古なんです。

では、本読み稽古で何をしなければいけないのか?




閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

自分の内