想像力を養うには自分を思いやる心を増幅させる必要がある。(⌒‐⌒)

「役者は想像で自由に描けるほどのアーティストなんだ」


この現実を無意識にしてしまってる。

最近はそう感じてしまうんだな。


「想像力は知識より重要なんだ」


このことに気づいてもいない。

実際に子育てのときに、想像力を養える家庭か?知識力を養う家庭か?

2つの環境があると思う。

僕は、想像力を養える家庭であった。

けど、現代の社会を観ると知識力を養う家庭が多いのかなと感じる。

「無限な想像力」と「有限な知識力」どちらも必要なものなのです。

ただ生まれ育った環境に大きな影響をうけてしまうのは現実です。

生まれ育った環境にさらに大きな影響を与えられるのが、「自分を思いやる力」です。

0歳から6歳までの間に、愛情だけを注ぐことが大切なのです。それは甘やかすということではありません。

「褒める」も「叱る」も、愛情が込まれてなければいけないのです。自分を思いやり、相手を思いやることを伝えていくのです。それだけをです。

それが伝えられていける環境創りが必要なのです。

人を育成するには「3つの状況」が揃わないといけません。


     ◇心の状況

     ◇身体の状況

     ◇環境の状況


この「3つの状況」です。

これは何歳になったとしても変わりません。

0歳から6歳の間に、「思いやる心」を養えてなくても、気づいた時に養うことはできるので、意識していきましょう。(⌒‐⌒)


注意:「自分を思いやる」とは、自分を甘やかすことではなく、自分を磨き、自分を鍛えるということです。