役者にとっての二大殺し屋とは?

確信を持ちすぎる考え方、型どおりの基盤に立ってそれ自体を疑ってみることを忘れた考え方の犠牲に、間違ってもならない様にするには、どうしたらいいのだろうか?

絶対確実な手法はない。


手法を絶対確実と考えることこそが、私たちをつまずかせかねないのです。自分の習慣は自分の目に見えないものになっているのです。

積極的に学んではいないし、以前ほど考えるのが難しいようにはとうてい思えないので、そのプロセスがかつてどんなに難しかったかを忘れてしまいがちなのです。

私たちは大切にすべきことをこそ当然とみなすのです。全てをコントロールしている自分の習慣は相変わらず、今この瞬間を大切にする脳は依然として活動しているのです。頭はまだ絶えず学習し刺激されているのです。

「なんといっても、あんなにがんばってそこへ到達したのだから」と考えているが、そうではないのです。はるかに優れたものではあるが、ひとそろいの習慣を別の習慣と取り替えたのです。そうすることによって、私たちは成功をぶち壊しにするのです。二大の殺し屋の餌食となる危険を冒すのが「自己満足」と「自身過剰」なのです。


この二大殺し屋、

「自己満足」と「自信過剰」は、

役者にとって手強い敵であるのです。


自分自身と自分のスキルに自信があるからこそ、自らの限界まで突き進めるし、自信がなければ出来ない様なことまで成し遂げられ、自信の足りない者なら手を引いてしまうのです。きわどい物事にも挑むことができるのです。


ちょっとだけの

自信過多なのは、さしつかえない。

平均をやや上回る感覚は、健全な精密や効果的な問題解決にも大いに役立つのです。自信があれば、それだけ手強い問題に取り組み、楽な領域を越えてがんばることになるのです。


しかし、


自分自身に確信を持ちすぎるというようなこともあり得るのです。自信が正確さを負かしてしまえば、それは自信過剰なのです。

自分の能力、他の人と比べた自分の能力に、そういう事情や現実なら当然持っていい以上の自信を持つようになれのです。確実だという錯覚はどんどん膨らみ、何かをする際の、したいとう言う誘惑はどんどん強くなるのです。

自分自身を過信すると、面白くない結果になりかねないのです。どんな優秀な人ににも起るのです。


優秀な人の身に起ることのほうが多いのです。

経験者で自信過剰の場合、そういうことが減少するどころか、増加すると示されているのです。知識が増えれば、それだけ実際面でうまくできるようになり、そのぶん自分自身の能力過大評価しがちになるのです。そして、自分のコントロールが及ばない出来事の力を過小評価してしまうのです。

自信過剰を最もはっきり予言してくれるのは、時間や経験に伴いがちな「力」なのです。


成功は何よりも自信過剰を生むのです。


役者たちにとって自信過剰は、相変わらず油断のならないものなのです。

殆ど全ての事が、他の誰よりも、殆ど必ず上手いとなると、自信過剰の犠牲となってしまうのです。

23回の閲覧
20200210230328_b762.jpg
1579222654800.jpg
くじらん本舗スタンプ.jpg
無垢印のコピー.jpg
BLのコピー.jpg
toromamのコピー.jpg

制作運営・

BrainLabo & 

 くじらん本舗