上手く演じるな!それはヘタクソのする事だ!③「緊張を操れ」

②の記事では、緊張したら「解く」ことをするのではなく、うまく緊張を操り「良い緊張」の状態にもっていくことによって、「能力の向上」を図っていけることが大切なのです。では、「良い緊張」にどうすればもっていくことが出来るのでしょうか?

「普通」と「あがる」の狭間にある「良い緊張」に精神を保つためには「瞑想」が一番の良い方法なのです。役者は演技能力を高めるのは当たり前なのですが、それよりも「瞑想の達人」でなければいけないのです。

「瞑想」は多用であり、行い方には様々な方法があります。一般的な方法ではなく、役者が自由演技を行う上で、「瞑想の達人」になる為に特化した内容を書き記します。