上手く演じるな!それはヘタクソのする事だ!④「心と思考」

冥想の達人になる事が役者の目指すところであり、そうあることで自身で緊張を操り、自身の成長させることができる。そんな内容を前回アップしました。

「心」と「知識」と「能力」、この3つを向上させることができなければ、役者としての「才能を開花」させることができないのです。

特に「心」の養いは土台的な役割を果たします。何よりも「心」が養われてなければ成長は伴わなくなるのです。

図案の説明はBrainLaboの記事で説明する事にします。「心」で養わなければ