これから社会に求められるのは自分らしい表現!ができる人だ。

実際、情報社会の終わりに来ている。もうすぐ「超スマート社会」に入っていき、約200年続いた資本主義が、新しい資本主義に変わろうとしている。

そんな社会になって求められる人材ってどんな人間だ?

自分らしい表現ができる人間だ。

社会がほぼデジタル化しても、人間に求められるのはアナログ的なことなんだ。

人間の内と外がデジタル化になってしまったら、つまらない社会になってしまうだろう。

しかし、現代の人々は自分らしい表現をすることが苦手である。

だからこそ、個々の自己表現力を鍛えなければいけないんだ。

これからの新しい社会で活躍するためのアイテムとして、自分らしい表現力を備えておくべきだ!

しかし、自分らしい表現力を備えると言っても、なかなか教えてもらうことができない。

そうなんです。

どんな専門な学校に行っても、ワークショップや研修、セミナーを受けたとしても教えてくれない基本的なことがあるのです。この基本を知ってるのと知らないのとでは大きな一歩の差が出てくる。

劇団無垢は、Brain Laboの「なにが なんでも 自分力」を基本とした演技、表現を31年も行ってきている。

これが、自分らしい表現を備える為のカリキュラムなのです。

劇団無垢、Brain Laboでしか教えていない「なにが なんでも 自分力」を学び得て自分らしい表現力を備えましょう。


閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示