あなたの中にある「モノ」を意識しなければならない。

最終更新: 2019年10月13日

それは私たちの誰もの中にあるのです。それがとても大切であり、大切であるのにも関わらず気づいていないのです。でもそれに気づくだけで今までうまくいかなかったことがうまくいくことが多くなるのです。それは自分の力であり「自分力」と言うのです。

人は常に刺激の影響を受けながら生きているのです。それは様々な感情を生じさせているのです。特に感じ蓄積して良くない症状を現されてくるのが「ストレス」です。

「ストレス」に気づくときには、それは症状として現れているのです。症状として現れる前に気づく事によってネガティブな感情を生み出し、身体の不調を招くこともないのです。

常に受ける刺激には2つ「プラス」と「マイナス」があるのです。この2つの刺激が「ポジティブ」と「ネガティブ」の感情を生じさせていくのです。

どのような仕組みで刺激が症状として現れてくるのか?これを理解をして自身の能力を向上させていく、相手の能力を向上させていくことをするのがBrain Laboで教えている「自分力」なのです。人材育成に特化しただけではなく、人材育成を行いながらチーム作りも行っていくものです。

新しいことをするのではなく、普段から自身で行っていることを理解し、様々な学びと場面に活かして行く技法なのです。「自分に学ぶ」これが基本的土台であるので理解し易いのです。

しかし、「自分に学ぶ」と言う事は安易に考えられると、この学びは続けていくことができません。「自分に学ぶ」という事は辛かったり、苦しかったり、楽しかったり、懐かしかったりします。自分の成長には「自分を知る」事は大切なことであり、それを無しにすることはできません。「自分に学び」「自分を知る」ことで、「未来に活きる自分」が見えてくるのです。

自分の夢をかなえると言うのではなく、未来に自分がどう活きるのかという明確さを持てることが自分を強くしていくことなのです。その強さを能力として具えていくことができるのがBrain Laboの「自分力」なのです。

「自分力」で、自分の中にある「気づかないモノ」を意識するところから始めていきます。それが基本なのです。自分の中にある「気づかないモノ」とはなんでしょう?誰もが持っているモノであり、これを意識することだけで、自分の能力を向上させていくことができるモノなのです。

Brain Laboの自分力を学ばれる年齢の制限はないのです。自分の能力の向上したいという強い思いを持たれている方であれば良いのです。特に若年者であれば尚更良いのです。

Brain Laboの「自分力」であなたの能力を向上させてみませんか?

19回の閲覧
20200210230328_b762.jpg
1579222654800.jpg
くじらん本舗スタンプ.jpg
無垢印のコピー.jpg
BLのコピー.jpg
toromamのコピー.jpg

制作運営・

BrainLabo & 

 くじらん本舗