緊張力

図案を観てください。

​平常・良い緊張・あがる(パニック)と別れています。

平常心からあがる(パニック)までの緊張していく上昇曲線です。

あがる(パニック)は症状です。

​意識をして「自己表現」をしようとすると、誰でも緊張をする。

誰でも緊張から解かれたいと強く思い始めるのです。

​そして、落ち着こうという思いから、緊張を解こうとし始めるのです。

それは、間違った行動なのです!

​緊張は解いてはいけないのです。楽しむのです。

​緊張は解こうとすればする程に、増大していき、「あがる」「パニック」といった症状を生じさせ、培ってきた能力低下を招いていくのです。

​増大しようとする緊張を抑制するのが善い方法です。

​「良い緊張」のレベルまで抑制して、維持すると、培ってきた能力は増大して、いつもより能力を発揮することができるのです。

それには、「瞑想」することが一番の効果をだすのです。

それからそれか.jpg
くじらん本舗スタンプ.jpg
無垢印のコピー.jpg
1579222654800.jpg
20200210230328_b762.jpg
BLのコピー.jpg
toromamのコピー.jpg

制作運営・

BrainLabo & 

 くじらん本舗