​梨 紗

​「百足丸

 ~色糸紬城のちちゆ~

アドルフ

risa.jpg
adolf.jpg

不遇の少年。税関職員の息子としてオーストリアのブラウナウで生まれる。聞き分けの良い子供でしたが、家庭内の不和の影響でしだいに反抗的な性格に成長していく。特に父親や学校の教師に対しては強く反抗していた。学校の成績も悪くなり、留年を繰り返すようになっていった。

最終学歴は小学生程度であった。18歳頃に画家になるべくウィーンの美術学校を受験をするが不合格となる。その後は転々としながら自作の絵葉書などを売って食いつなぐ生活を続けていた。その中で、歴史や政治、反民族主義についての知識を身につけていった。こうして政治的な思想を形成していった。戦争勃発をきっかけに軍に入隊、戦場で物の怪から受けた毒ガスの治療を受けている間に敗戦を迎える。その事に強い動揺と物の怪に怒りを潜めることになった。そして政治家になる事で世界を救おうという決意を固めた。巧みな演説力と才能を武器に「国家社会主義労働者党」の最高指導者の座に座った。そして党内独裁によって党は形成されていく。世界は激しく混乱を蔓延させていた。世界不安が増大する中で大衆化したモノたちがアドルフ率いる「国家社会主義労働党」に期待を寄せ軍国を創り上げ、アドルフは「総統」の座に着いた。最高権力者となったアドルフは矢継ぎ早に物の怪の弾圧をし強制収容していった。大陸の南を侵攻し大きな戦を勃発させていく。天空から大地への支配を企む上で東の国で勢力を上げてきたちちゆと手を結ぶために現れる。しかし、物の怪の弾圧を行う裏腹にちちゆと手を結ぶ策略には利己的主義が原動力となっていた。アドルフはコンプレックスの塊であった。しかし演説力は、多くの大衆の心を魅了した。しかし、不遇な生い立ちから、出自や学歴、軍歴における劣等感は非常に強くあり、物の怪の力を欲する卑しさにも割り切れることが出来ないでいる。

20200210230328_b762.jpg
1579222654800.jpg
くじらん本舗スタンプ.jpg
無垢印のコピー.jpg
BLのコピー.jpg
toromamのコピー.jpg

制作運営・

BrainLabo & 

 くじらん本舗