​カリキュラム

意識の仕組み

1・自分力の理解1 

座学「観察力と組み合わせを理解する」

2・身体表現1 

実技「観察をしてモノマネ表現をする」

3・自分力の理解2 

座学「コミュニケーション能力を理解する」

4・身体表現2 

実技「観察をして情報を得て表現する」

​5・自分力の理解3 

座学「感情の融合を理解をする」

6・身体表現3 

実技「感情を身体で表現する」

BLピンバッジのコピー.jpg
BLピンバッジのコピー.jpg

自分力の理解1・自身の能力の向上がどの用に成されていくかを理解する。「瞑想」「緊張力」を理解し、自身の能力の向上する意識を高めていく。「観察力」の理解

 

身体表現1・「観察力」の強化。観察を行い身体で表現する。その為の「推理力」「洞察力」「想像力」「発想力」を体感する。見えないモノの観察を行い表現する。

 

自分力の理解2・コミュニケーションと言う言葉の理解だけで実際に何がコミュニケーションなのかを理解し、コミュニケーションがどの用に組み立てられていくかを理解する。

 

身体表現2・自分を観察し相手に伝える。相手を観察することで得られる「情報」を伝える。モノを観察して相手に伝える。

 

自分力jの理解3・感情がどの用に生じてくるのかを理解する。突発的な感情も仕組み化されている事を理解し、演技での感情がどの用に作られていくかを理解する。

 

身体表現3・感情を仕組みに沿って身体で表現をする。

G-muku19のコピー.jpg

技能の仕組み

G-muku23のコピー.jpg

実践の仕組み